ラーメン餃子

梅ちゃんがアスリートの食事メニューを作成する時、昼ご飯に必ず「ラーメン餃子・ご飯(または炒飯)」というセットを用意していたことは以前書かせて頂いたと思います。その日のメニューを巨人軍の選手をはじめ、皆さんが「ラーメン餃子」と呼んでいました。通常であれば「ラーメン餃子定食」あるいは「ラーメン餃子セット」と呼ぶところ、なぜか「ラーメン餃子」と呼ばれていたのです。

勿論、ラーメンだけ食べる人もいれば、餃子だけを食べる人もいらっしゃいましたが、圧倒的にセットで食べる人が多かったのもこの組み合わせの特徴と言えるのではないでしょうか。

すでにうめちゃん餃子をお召し上がりになられた方はお気づきだと思いますが、うめちゃん餃子は「餃子としての主張」が強い方ではないと思います。あの餃子特有のギラギラ感が引き気味なところが、実はあの独特なバランスを生んでいると言っても過言ではないのではないでしょうか。

主菜として餃子単体として食べてもしっかり食べ応えがありつつも、胸焼けする程の餃子感もなく、副菜としてもその役割を見事に果たす、そのバランスこそがうめちゃん餃子最大の魅力だと思います。

うめちゃんラーメンもやはりそういう方向性で作られたラーメンです。ラーメン単体として食べても美味しく、餃子や炒飯と一緒に食べてもスルっと食べれてしまう、やはりそのバランスこそが最大の魅力だと言えると思います。

うめちゃんラーメン発売の暁には、是非うめちゃん餃子と一緒にお召し上がり頂きたい、そう切に願う次第です。

ちなみに野球選手の皆さんは、ラーメン+餃子7個が一人前の基本セットになります。