高校球児として甲子園に出場、その時宿泊した宿の娘と結婚、バットを包丁に持ち替え、高校球児からプロ野球選手まで、「元気になる料理」を作り続けた情熱料理人、それが梅ちゃんこと梅田茂雄です。
梅ちゃんの名付け親は敬愛する長嶋茂雄さん。 料理人引退後、そんな梅ちゃんを慕う人たちが彼の料理アーカイブを楽しむ為に彼の家に集まり、それがいつしか「梅ちゃん食堂」と呼ばれるようになりました。
今回、一人でも多くの方に梅ちゃんの味を楽しんで頂く為に「梅ちゃん食堂」ブランドが立ち上がりました。
長嶋監督をはじめ多くのスポーツ選手を魅了した餃子、そして梅ちゃんがアスリートの為に作っていたカレーをベースに「カレー好きの為のカレー」として50年作り続けたカレーが完成しました。
梅ちゃんの味は「強くて優しい味」です。食べた方の背中を優しく押して元気を与えてくれる味です。


梅田茂雄,梅ちゃん,梅ちゃん食堂,

梅田茂雄
昭和19年7月6日生
昭和37年春の選抜高校野球大会出場。その時に出来た縁で昭和40年に宿泊先の宿「竹園旅館(当時)」に入社。厨房で料理人の修行を重ね「梅ちゃん」の愛称で多くの選手から慕われ、同時に料理人として野球選手をもてなすメニューの改革に取り組む。昭和61年、宿が旅館からホテルに変わった際、料理長に就任。平成21年引退。
著書に「巨人ナインが愛した味」(プレジデント社)

巨人ナインが愛した味