過ぎ行く夏を惜しむ午後

いつもご愛顧ありがとうございます。

千葉県の皆様におかれては、台風の被害も甚大で胸が痛みます。一日も早い復旧を願い心よりお見舞い申し上げます。

毎年、大きな雷を伴う雨が降った後、季節が一気に変わるような気がします。関西地方でも昨日はそういう雨が降りまして、今朝から一気に季節が移り変わったような気がします。

毎年の事ですが、夏の終わりは少し寂しく切ないものです。今年は特に「夏の梅ちゃん餃子」を販売しましたので、いつも以上に「夏」という字をたくさん見たような気がする分、夏の終わりがとても切なく寂しいです。

過ぎ行く夏を惜しんで、今日は私の手元に残っていた「夏の梅ちゃん餃子」を焼きました。
夏の間、あれだけ濃厚に感じた「夏の梅ちゃん餃子」が、心なしかそこまで濃厚に感じることはなく、やはり「季節で食べる餃子」という味のチューニングがしっかりなされていたのだと、改めて梅ちゃんの凄さを感じた次第です。

過ぎ行く夏を惜しむということで、今日は冷やし中華と共に頂きました。どちらも来年の夏までしばしのお別れになります。