梅ちゃん餃子に羽が無い理由

いつもご愛顧ありがとうございます!

羽付き餃子が流行の昨今ですが、梅ちゃん餃子に羽は付いておりません。
「羽付きは出さないのですか?」という声も多く寄せられますので、今日は梅ちゃん餃子に羽が無い訳、羽が付かない理由を記したいと思います。

梅ちゃん餃子に羽が無い理由は・・・
「作った時に羽を付けなかったから」です。
嘘みたいな本当の話。
梅ちゃん曰く「多くの野球選手にお出しする時に羽は邪魔」ということです。
長嶋茂雄さんや巨人軍の選手、高校球児の昼食に出されていた梅ちゃんの餃子。他の料理と共に一気にお出ししなければならない為、限られた机上のスペースを有効に活用するのに円形のお皿でお出しするのではなく、長方形の細長いお皿に、一人前を縦に並列に7粒というスタイルでお出ししていました。そして、たくさん食べるアスリートの方々にとって、一粒一粒がしっかりと分離していた方が食べやすいという理由から、梅ちゃん餃子は羽付きではなく、一粒一粒の存在感が際立つ今のスタイルになりました。

勿論、羽付きが好きな方は梅ちゃん餃子に羽を付けて頂いても美味しくお召し上がり頂けると思います。餃子を作る過程でお水(梅ちゃんはお湯を推奨しています!詳しくはトップページにある動画をご覧ください)を入れる際、片栗粉を混ぜたものを入れて頂くと、焼き上がりに羽付き餃子が完成します。

お好きな食べ方でお召し上がり頂くことが一番ですが、長嶋さんをはじめ往年の名選手達に思いを馳せながら、しっかりとした一粒をお口に運んで頂ければと思います。