巨人ナインが愛した味

2009年3月で現役を引退した梅ちゃん。梅ちゃんの引退記念に何か出来ないか?と考えた家族は、梅ちゃんの本の出版を企画します。そして、dancyuという料理雑誌を出版しているプレジデント社に企画書を持ち込み、2010年7月6日の梅ちゃんの誕生日に無事出版されます。それが「巨人ナインが愛した味」という本です。

帯を書いてくださったのは、長嶋さんと原辰徳さん。原さんもまた梅ちゃんとの関わりが深い方です(詳しくは本を読んで頂ければ幸いです)。

読んだ方から「タイトルで損してる!巨人ファン以外でも楽しめるのに!」とよく言われました。確かに本来であれば「スポーツ選手が愛した味」にした方が良かったのかもしれません。
しかし、長嶋さんに対する思い、そして巨人軍に対する思い、それを感じた編集の方が「梅ちゃんだからこそこのタイトルで良いんじゃないか」と言って、最終的に「巨人ナインが愛した味」になりました。

本当に巨人ファン以外の方も楽しめる本です。料理と巨人軍(をはじめ多くのスポーツ選手)、そして愛する妻のために生涯をささげた一人の料理人の人生がそこに記されています

その誠意が料理を通じて多くの方々に伝わったと思います。長嶋さん、原さん、桑田さん。川上さんからの寄稿文が、梅ちゃんの料理人人生が間違いではなかったことを証明してくださっていて、とても泣けます。

梅ちゃんはこの本で自身のレシピを惜しげもなく披露しています。「多くの人に自分の料理を作ってもらいたい、ただただそれだけのこと」と語っています。

梅ちゃん餃子や梅ちゃんカレーを食べて、少し梅ちゃんに興味を持って頂いたのであれば、是非ご一読頂きたいです。よろしくお願い致します。

巨人ナインが愛した味

巨人ナインが愛した味(プレジデント社)
著者・梅田茂雄